ヒキライダーの煩悩
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Moto GP -チェコGP
サマーブレイク明けのチェコGP。

コース幅が広く、切り返しでのバトルが多いので
見ていて楽しい、好きなサーキットです。
03年のロッシ・セテ・ベイリス・カピロッシのバトルは未だに目に焼きついています。

今年のブルノは、カピロッシだけ異次元の走りでした。
ロッシとペドロサのバトルは両者とも意地の張り合いで見ごたえがあったし、来期以降の「成長したペドロサvs.円熟のロッシ」のバトルを期待させてくれるものでした。

そのバトルに絡むどころか、ずるずると後退していったヘイデン。
嫌いなライダーではないけれど、まだチャンピオンの器ではないと思いました。
昨季までのロッシの勝ちっぷりが圧倒的過ぎたのかもしれないけど、
今までのヘイデンのレースでは「チャンピオン」と呼ぶには物足りない。

「ステディなヘイデン」じゃなくて「ファイターなヘイデン」がチャンプになるなら、賞賛に値するんだけどな。


今回のリザルトで逆転チャンピオンがリアリティを帯びてきたロッシ。
次のレースが楽しみ。
スポンサーサイト

テーマ:MotoGp 2006 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。